banner

相続税の専門家は弁護士?税理士?

相続が発生したとき、揉めてしまったり、揉めそうなとき、どんな専門家に相談したらいいでしょうか?また、相続税がかかるとき、かかるかどうか分からないとき、どんな専門家に相談したらいいでしょうか?
それぞれ、相談する専門家は異なります。これは、弁護士法や税理士法で定められています。揉め事などの仲裁は弁護士以外が行うことはできません。また、相続税に関して言えば、税金に関する資格は税理士であり、弁護士に相談すべき内容ではありません。
多くの場合は、相続に関する相談は、まずは税理士に相談します。これは、相続=相続税というイメージから、税理士に相談する人が多いためです。
相続の手続きは、まずは相続財産を特定し、相続人が誰かを特定するところから始まります。
相続財産の特定は、相続人が亡くなった方の財産を調べますが、素人では見落としてしまいがちな財産などもあるため、税理士に確認してもらいます。相続人を特定するには、亡くなった方の戸籍を調べます。戸籍の取得は、司法書士に依頼することもできますが、税理士に取得方法や助言を得ながら揃えることもできます。
有効な遺言書がなければ、相続人全員で遺産分割協議を行い相続財産の分割方法を決めます。このとき、スムーズにいけば遺産分割協議の内容で遺産分割協議書を作成し、相続人全員の実印と印鑑証明を揃えます。相続財産の分割方法がなかなか決まらない場合、すぐに弁護士に相談するのではなく、まずは、税理士などの専門家などの第三者も含めて話をすることも有効です。当事者だけではなかなかスムーズにいかない場合も、第三者を含めて話をすることで話が前向きに進むこともあります。ここで揉めてしまった場合には、弁護士に依頼して解決策を見出すことになりますが、弁護士が出てきてしまうと平和的な解決は難しくなってしまいますので、そうならないようにすることがポイントです。

故人の財産がどれくらいあるのか、生前に確認することはなかなか難しいもの。相続が発生し、トラブルが起きそうな場合にはまず税理士に相談してみるのがベストな方法です。

what's new

!-- コピーライト -->
Copyright(C)2013 お見合いの大切なこと All Rights Reserved.